ゆったりトリミングサロン
ホーム > > 私の甥っ子の話

私の甥っ子の話

甥っ子には軽度の発達障害があります。
病院で診断された病名は「自閉症スペクトラム」。
昔の名称で言うと「アスペルガー症候群」です。

小さい頃から行動に不思議なところがあり、例えば電化製品に異常に執着したり、回る物(扇風機のファンや、換気扇など)があるとひたする見続けたりしていて、親がちょっと心配をしていました。
入園してから周りの子との差が目立ち始め、園からの勧めで専門の病院に行ったところ、「自閉症スペクトラム」と診断されたのです。

勉強についてはまったく問題なく、むしろ計算や漢字の書き取りなどは周りの子より優れていますが、コミュニケーション能力が低く、いわゆる「空気が読めない子」です。
話したり遊んだりしている限り、他の子と特に差を感じないのですが、同学年の子同士で集まるとやはり浮いた存在になってしまうようです。

発達障害への理解やサポートは昔に比べるとかなり進んでいますが、それでも理解してもらえないことが多く、本人にとってもその親にとっても色々と困難があるようです。
発達障害への正しい理解が進んでくれるといいな...と思います。
私の息子の服をこれから甥っ子に上げに行こうと思います。
着ないものについては他に人に寄付でもしようかしら。→古着を送料無料で寄付